宮城県大河原大谷字上谷前…宝泉寺

 

中世前期の館跡で、築城年代、館主とも不明である。

しかし「日本城郭大系」には館主として葛西氏家臣斎氏、あるいは大谷修理亮の名が挙げられている。また桑島氏とする説もあるがいずれにしても明らかではない。大谷氏は、この地の西方2km程先の大谷城主としてもその名があり、見城ヶ館はその一族の居館かもしれない。

館は、宝泉寺背後の標高約50m丘陵上にあり、東西180m、南北100mの楕円形の平場がある。東南側には土塁と見られる壁が残されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です