宮城県大河原小山田新館前

 

天正年間(1573-92)、伊達政宗家臣の小山田頼定が築城、居館としたと伝えられる。

館跡は細長い舌状丘陵に所在し、頂部に東西50m、南北80mほどの平場がある。平場に高さ1mほどの土塁が見られ 、それ以外には遺構らしいものは見られない。

小山田頼定は伊達家臣の中でも勇将としてその名が高く、天正16年(1588)の中新田合戦の 折には軍奉行を命じられ、留守政景、泉田重光らとともに大崎領へ侵攻した。

大軍で中新田城を囲んだが、中新田城に篭った南条隆信の激しい抵抗に遭い、さらに降雪もあり敗走、殿軍を務め、降雪の中奮戦したが、深田に脚を取られ、敢え無く討死にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です