宮城県栗原市志波姫伊豆野字南町尻…籠昌寺

 

江戸時代の中頃、仙台のお春という娘が諸国巡礼の途中、この伊豆野の地で病死した。お春と恋仲だった覚興という若者は嘆き悲しみ出家し、この地に石地蔵を建立し供養した。地蔵はお春によく似てあり里人はこれをお春地蔵とよんだ。

その後、覚興も亡くなり、その遺言により遺体はお春地蔵の下に葬られたと云う。

現在は、安産、子育地蔵として信仰されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です