宮城県石巻市北村字東柳沢

 

昔、この近辺は、江合川の氾濫が多かったためか、水に関わる伝承が多い。

この俵庭にある人魚森(人形森)付近には深い沼があり、ここに緑の髪一丈五尺、下半身金のウロコに被われた大人魚が住んでいた。

この人魚、時折り出没しては人に危害を加えるので、領主は幾度も軍兵を出したがいつも苦杯を舐めさせられていた。そこで加賀金沢の勇士が人魚退治をかって出て、さんざん格闘の末に人魚を生け捕りにした。

勇士が人魚を引き上げたところを、以来、人魚森と呼ぶようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です