宮城県栗原市志波姫志波姫八樟字里

 

奥六郡で安倍氏は半独立的な勢力を保持しており、これを朝廷も黙認していたが、安倍頼良はその勢力を奥六郡を越えて拡大し始めた。これにに対し朝廷は、永承6年(1051)、国司藤原登任に討伐を命じたが鬼切部の戦いで逆に敗北した。

これに驚いた朝廷は、源頼義を陸奥守として東下させ、また大赦により安倍氏の罪を許したために、安倍頼良は朝廷に服従した。

天喜4年(1056)、源頼義の任期が終わる頃のある日、胆沢城から多賀城に頼義が帰る途中、阿久利川畔で野営した際、部下の藤原光貞、藤原元貞が夜襲を受けて人馬に損害が出るという事件があった。光貞が言うには、安倍 頼良の長男貞任が、光貞の妹を妻にしたいと願ったが、光貞はいやしい俘囚にはやらぬと拒んだために、貞任が夜襲をかけたのだろうと言う事だった。源頼義は、安倍貞任を呼び出して処罰しようとしたが、父の安倍 頼良はこの呼び出しを拒否した。

これが阿久利川事件で、この事件がきっかけになり前九年の役が勃発する。

この阿久利川は、一関の磐井川とする説もあるが、近年は「利」は「ト」とも読めるために、この一迫川沿いの「阿久戸」だとする説が有力である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です