宮城県丸森町字上滝西

 

駒場瀧不動尊は、慈覚大師が霊山寺を創建した折に、鬼門の守りとしてこの浄地を選び、激流岩をかこむこの地で自ら不動尊像を刻み、滝上の岩窟の中に祀ったのが始まりとされる。以来、参詣者が絶えず、行者や山伏の修行の道場として栄えた。

また、平泉の藤原氏をたより留まっていた源義経主従が参詣したとも伝え、このとき、弁慶が義経の武運を祈願し、騎馬のまま滝を跳び越えたと伝えられる駒の蹄跡が残っているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です