宮城県角田市岡字天ヶ迫

 

石碑の表面は剥落し銘文はないが、源平合戦の折りに源義経に従い活躍した、佐藤継信・忠信兄弟の供養碑と伝えられる。

佐藤継信・忠信は、藤原秀衡の家臣で信夫の庄司、佐藤基治の子で、義経の四天王と言われた。継信は屋島の戦いで、義経の身代わりに矢をうけ討ち死にしたと云う。また忠信は、兄の源頼朝に追われ、都を落ちる義経と別れ、 京の堀川館に鎌倉勢を引き受け討ち死にした。

碑は自然石を縦長に用い、頭頂部を高くし、その下の額部を突出させ、碑面を一段低く削った「東北型」板碑の典型と言われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です