宮城県角田市高倉字寺前

 

この建物は、江戸期(18世紀中期~後期)に建てられた、仙台領の中規模農家の典型的な建物で、間口15m、奥行き8mで、直家様式である。 現在は高蔵寺の敷地内に移築され保存されている。

この家の持ち主だった佐藤家は、「車屋」の屋号を持ち、この地方の庄屋をつとめ、古来修験者が住んでいたと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です