宮城県角田市鳩原字寺

 

福応寺近くには、龍が住むと伝えられる「尾台森」がある。この尾台森には、龍がその尾を乗せる台石があると伝え、これが「尾台森」の由来となっている。そして、福応寺の東側にある、春日神社境内のこの石が、頭を乗せる「枕石」と伝えられている。

この枕石は、地元の人たちに「いぼ石神」としても信仰され、いぼがとれるとお礼参りに豆をあげるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です