宮城県白石市沢端町

 

この地「白石」の地名は、この石に由来すると古くから伝えられている。

灰白色のこの石は、やや軟らかい凝灰岩で、高さは約1.3m、長径約1m、短径約0.6mだが、その根は深く、遠く仙台市泉区の根白石まで続いていると云われている。

古代から日本には巨石や立石を神が宿るところとして祀る習俗があり、この石もそのようなものの内の一つと考えられる。江戸時代頃から、朱塗りの玉垣が巡らされ、「神石白石」として祀られている。
この地「白石」の地名は、この石に由来すると古くから伝えられている。

灰白色のこの石は、やや軟らかい凝灰岩で、高さは約1.3m、長径約1m、短径約0.6mだが、その根は深く、遠く仙台市泉区の根白石まで続いていると云われている。古代から日本には巨石や立石を神が宿るところとして祀る習俗があり、この石もそのようなものの内の一つと考えられる。

江戸時代頃から、朱塗りの玉垣が巡らされ、「神石白石」として祀られている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です