宮城県仙台市青葉区新坂町…荘厳寺

 

荘厳寺の山門は、三間一戸の薬医門で切妻造本瓦葺の堂々たる門である。江戸時代初期の上級武家門として数少ない遺構である。

寛文事件で知られる仙台藩家老原田甲斐宗輔の片平町にあった屋敷門を移築したものと伝えられ、逆臣の門ということで、逆さ門とも呼ばれている。

屋根の破損が甚だしく、柱が傾くなど全体的に老朽化が進んだため、平成5年(1993)と6年の2ヵ年にわたり、解体修理工事を行った。その際、柱材の上下を逆さに、左右の位置を交換して建て直した「門」であることが判明、「逆さ門」のいわれが明らかになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です