宮城県東松島市大曲字小脇浦

 

二入(にいり)館跡は、金売吉次の屋敷跡と伝えられ、月観の松のすぐ近くにある。この地の近くをかつて気仙道が通っていた。

平地にあり、現在はそれと認められるような遺構はないが、かつては堀跡などもあったようで、中世には気仙道を押さえる豪族が住まっていたのかもしれないが詳細は不明である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です