宮城県栗原市鶯沢南郷

2012/11/13取材

 

昔、この細倉の地に若い金堀の夫婦が流れ着き、採掘を始めた。しかし掘っても掘っても、良い鉱脈に当たらなかった。ついには米も油もなくなってしまった。

なんとかして夫に掘り当ててもらいたいと願った妻は、命よりも大事な美しい黒髪をかもじ屋に売り、米や油を買った。妻の気持ちに心を打たれた夫は、寝る間も惜しんで再び掘りはじめた。

すると間もなく、ついに念願の鉱脈を掘り当てることができた。それから人々はこの坑を「かもじ坑」と呼ぶようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です