震災前取材

岩手県平泉町平泉字花立

 

無量光院は、宇治の平等院をモデルに、三代藤原秀衡によって建立された。鳳凰堂と同じく、無量光院もまた極楽浄土をこの世に現出させようとしたものである。浄土の主は阿弥陀如来とし、両寺院ともに本尊は阿弥陀如来像である。

東西に走る伽藍の軸線が、東門、橋、中島、堂を貫いて、その先に金鶏山が望まれる。かつては、西方に極楽浄土があると考えられており、春秋彼岸の頃、無量光院の正面に立つと、西方の金鶏山の真上に太陽が沈む。入日の中に阿弥陀如来が浮かび上がる様子は、秀衡が思い描いた極楽浄土の姿だったのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です