福島県福島市鎌田

 

現在、この月輪大橋がある地に古くは月輪の渡しがあった。

松尾芭蕉は、福島で一泊し信夫文知摺石を訪ねた。その後この阿武隈川の月輪の渡しを渡り瀬上に出て、佐藤庄司の旧跡を訪ね飯坂に向った。
月の輪のわたしを越て、瀬の上と云宿に出づ。佐藤庄司が旧跡は、左の山際一里半計に有。飯塚の里鯖野と聞て、尋たずね行に、丸山と云に尋あたる。是庄司が旧館也。

この渡しからは福島のシンボルの信夫山が美しく見え、芭蕉が通った日は快晴であったとされ、芭蕉一行もこの力信夫山を臨んだと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です