福島県南会津町大桃

震災前取材

  • 大桃の舞台
この大桃集落の駒嶽神社の境内には、明治28年(1895)に再建された農村舞台の大桃舞台がある。

舞台中央は、固定式二重の二層機構になっており、上段の前後には唐紙を入れることが出来る。その奥は、下段と同じ高さに床が張られ、楽屋となっている。花道は、上演時に仮設される。

建物は、正面上部に破風があり、前面に小廂が付いた切妻造で、軒端の様式はこの地方独特で、「兜造」と呼ばれる。

「習芝居」といわれる地芝居は、明治40年(1907)に上演されたのが最後で、それ以降は買芝居を上演している。また舞台は、芝居の上演の他、年3回行われる宮籠りの場所にもなっている。

農村舞台の典型として貴重なもので、檜枝岐村の舞台とともに、昭和51年(1976)国の重要有形民俗文化財に指定されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です