福島県須賀川市横田字北之後

  • 横田陣屋跡
 

須賀川横田は越後新発田藩の飛び地だった。越後新発田藩三代溝口宣直は弟の宣秋に越後切梅に5千石を分知した。その後、宣秋-宣就-直道と続き、四代直行のとき横田を領し、五代直寛の時に陣屋を横田に構え、以後代々相続して明治に至った。

また、この地には、溝口氏の邸宅内に植えられていた「御殿桜」がある。館の主に寵愛された桜と伝えられ、長沼地区で一番早く咲く桜として知られている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です