福島県会津若松市一箕町八幡字弁天下

 

昔は宗像神社と称し、弁財天を祀り、弁天堂とも呼ばれ、この飯盛山は弁天山とも云った。葦名、伊達、蒲生、上杉、加藤氏等、歴代領主から庇護を受け、会津鎮護の神として尊崇を受けた。

社殿は永徳年間(1381~84)に建立され、現在の社殿は元禄13年(1700)、会津松平藩三代藩主松平正容が建立寄進したもの。

明治初めに現在の厳島神社と名称を改めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です