戻る

宮城県大崎市松山千石

 

ここは、千石城南側の堀切にあたる。

文治2年(1186)、源義経主従が、兄の頼朝に追われて、平泉の藤原秀衡を頼って落ち延びる途中通過を拒まれ、岸壁を馬で飛び越えて通ったと言い伝えられている。そのときの弁慶の馬の蹄のあとと言われている跡が残っているとされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です