戻る

宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字久瀬

 

金華山号は、明治天皇の御料馬で、明治2年(1869)栗原郡鬼首村で生まれ、明治天皇に13年間仕え、明治28年(1895)老衰で亡くなった後、明治34年(1901)、神馬として木像が刻まれ、この荒尾川神社境内の社に納められている。

明治天皇は、馬をこよなく愛した。国内外から御料馬が数多く集められたが、その中でもこの金華山号が明治天皇の寵愛を最も受けたと云う。

金華山号は、幼名を「起漲(きちょう)」といい、競りで水沢の商人が買い取り、やがて水沢県庁の所有となった。明治9年(1876)奥羽地方巡幸のおり、水沢を訪れた天皇一行の護衛を務めた一頭の馬が、宮内庁職員の目にとまった。栗毛の雄で体高148cmで小柄で、毛色にツヤもなく見栄えは決してよくなかった。しかしそのしっかりとした脚力が評価され、早速、御料馬として買い上げられると同時に、名も金華山号に改められた。

宮内庁での調教訓練を受けて、初めて明治天皇が騎乗すると、温和で癖のない金華山号を大いに気に入った。しかし何事にもひるまず、沈着鋭敏で、天皇はことのほか愛され、金華山号は公務を130回務めたと云う。

その後、この馬は数々の逸話を残した。近衛師団による大演習が行われた際に、多くの馬は野砲の轟音に驚き暴れたが、金華山号だけは少しも騒がず随行者を感激させた。また、ある年の観兵式では、天皇が騎乗し敬礼を受けている最中に地面の一部が崩れたが、三本の脚だけで懸命に姿勢を保ち続けたという。

また、足音だけで主がくるのを察知し、その姿を見つけると近寄り、おじぎをして騎乗の態勢を整えたとも伝えられる。天皇は、金華山号の姿を彫った文鎮を作ることを命じるほど寵愛した。

のる人の 心をはやく しる駒は  ものいうよりも あはれなりけり
久しくも わが飼う駒の 老いゆくが 惜しきは人に 変わらざりけり   …(明治天皇)

年老いたのち、御料馬としての勤めを終えた後も、明治天皇は金華山号をいたわり慈しんだと伝えられる。

この金華山号の流れは、その昔、伊達政宗が支倉常長をローマに遣わしたおりに、良馬改良のため数頭の種馬を購入した。当時は島原の乱などで幕府の目が厳しかったために、これらの馬を秘境の地の鬼首に移牧して馬産を行なったという。これが軽種馬生産の創始といわれ、その子孫にあたるのが「金華山号」だと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です