宮城県蔵王町円田字豊田

 

この桜の古木は、この辺りの古い地名に因んで「鬼子坂の桜」と呼ばれている。

昔、侍が村人6人を殺してこの地に埋葬し、6本の桜を植えて供養したという伝説が残されている。

鬼子坂の桜は、この時の桜のうちの一本と伝えられ、伐れば祟りがあると戒めを込めて伝えられてきた。県道の道路拡張工事にあたっては、この伝説のため、計画が変更になったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です