宮城県石巻市北村金堂一丁目

 

平安時代末期の奥州藤原氏の勢力は、南は福島県の白河の関、北は青森県の竜飛、下北にまで及んでいた。平氏を倒し、武家政権を目指す源頼朝にとって、次のターゲットは奥州藤原氏であることは当然だった。

藤原秀衡は、鎌倉とことあるときに備え、福島の伊達一の木戸から平泉まで、諸所に鐘堂を設けた。この地はそのうちの一つと言われている。この土地の持ち主の屋号は、今でも「鐘堂」であり、その名残だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です