宮城県登米市豊里字杢沢…香林寺

 

香林寺は葛西氏の支族、月輪氏の菩提寺であり、山門は天正12年(1584)、開基のときに、月輪館の東門を移建したものと伝えられる。

月輪氏の家紋である二つ葉柏の彫刻が付けられている。様式は室町末期頃の特徴を備え、技法は堅実で、意匠面にも優れたものがある。県内最古の山門であり、中世建築遺構として貴重な存在で、宮城県の文化財として指定されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です