宮城県登米市東和町米谷字宮ヶ沢

YouTube Preview Image

楼台城は、葛西の家臣の楼台和泉が居城し、その後、伊藤豊後の居城になったと思われるが、詳細は定かではない。

中央部の最高所に約70m四方の本郭があり、西側の平地には約70m四方の二の郭、東側には窪地を挟んで長方形の三の郭がある。最西端から奥の三の郭までは、東西約500m、南北約200m、高さ約120mのかなり大きい山城である。

山全体が、畑として使用されているが、北東に3、4段、西部は6、7段の見事な段築が見られ、本郭の西下に、井戸の跡が今も残っている。本郭跡から槍一振が出土したと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です