宮城県登米市津山町柳津字本町

 

現在の登米市津山柳津にはかつて宿場が置かれていた。この地は気仙道と一関街道の分かれに当たり、また北上川水運の船着場も置かれていた仙台藩の交通の要衝であった。仙台藩では、交通の要衝を拝領するのを「所拝領」といい、この地には布施氏が配された。

現在の町並みは、明治42年(1909)の新北上川掘削により移転したもので、かつての宿場は現在は新北上川の河道になっている。

江戸時代の元禄期に、松尾芭蕉は石巻から北上川沿いの道を一関に向かい、この地を通り登米で一宿した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です