宮城県気仙沼市唐桑町高石浜

 

矢止めの岩は、八幡太郎義家の伝説を伝える、唐桑半島石浜沖合にある岩礁である。

前九年の役の折に、安部軍を追ってきた八幡太郎義家は、朝日に映える此の岩をめがけて豪弓を絞り 、「南無八幡大菩薩」と唱え矢を放つと、矢は唸りをあげて此の岩場迄飛んだと伝えられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です