戻る

宮城県加美町原町南字東屋敷

 

この地の清水は「水」という字の形の清水だった。

正保3年(1646)、仙台藩二代藩主伊達忠宗がこの清水を賞賛し、弁財天を祀るようにと小判一枚等を下された。村人達はこのため、御宮と客殿を建立したという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です