岩手県北上市二子町

震災前取材

  • 標柱
和賀氏の本城の二子城は、当初は八幡神社の地の主郭を和賀氏の居館としていたが、平 時の居所としては不便であるため、居館をこの白鳥館に置き、二子城は戦時の詰の城とした。

とはいえ、白鳥館そのものが、二子城の一郭の役割も持ち、北に流れる北上川の断崖上にあり、また他の三方は深い空堀で囲んであった。館内には、和賀氏の守護神である白鳥神社が祀られている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です