福島県相馬市原釜字札ノ沢

 

相馬の市街地から松川浦に向かう県道沿いに下がり松と呼ばれる形の良い松がある。この松は推定樹齢約300年、藩政時代には「甲松」又は「傘松」といわれ、現在は「下り松」の名で親しまれてい る。

昔からこの地を通る旅人たちの憩いの場として利用され、平安時代後期の歌人の西行法師がこの地に行脚した際にもここで休み、この松に笠を掛けたということで、笠松の異名も伝えられてい る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です