福島県福島市堂殿

 

現在の福島市のある信夫平野は、かつては一面の湖水であった。この湖が干上がった際に、湖の主を黒沼大神として祀ったのがこの黒沼神社と伝えられる。

後年、欽明天皇の妃の石姫命が、故あって第一皇子の淳中太命をともなって奥州に下向し、信夫山に住まい、この地で没した。このため太子を羽黒神社に、石姫命を黒沼神社に合祀したと伝える。

この時期、石姫命の父の宣化天皇と欽明天皇の二つの朝廷が並立し、対立していたとも云われ、この伝承はその歴史の一端を示すものかも知れない。

拝殿には、福島藩主板倉氏が代々奉納した絵馬や、城下の有力商人たちが奉納した絵馬があり、その信仰の深さと広さを示している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です