2012/11/05

 

歴史散策⇒田子館跡

昨日は三内丸山遺跡を最後に今回の津軽路周遊は終えて、帰路は、気軽にあちこち寄りながら帰ることにしていた。今回は、三戸町を中心に昼ころまで歩き、その後は馬仙峡の紅葉をカメラに収めたいと思っていた。

この日は、夜明け時には小雨が降っていたが、天気予報によれば午前中は晴れるようだった。今回の津軽周遊は天気には恵まれなかったが、この日は久しぶりの青空が見れるかもしれない。

三戸周辺ではこの田子館跡に是非寄りたかった。南部藩の初代藩主の南部信直の若き時の居館である。小説「蟠龍雲に沖いる」では、南部藩の「伝えねばならぬこと」と「伝えてはならぬこと」を書き、裏の隠れた史実を書いたつもりだ。その「伝えてはならぬこと」の原点が、この田子館に始まったことになる。

中世の三戸南部氏から、近世の南部氏に変る過程で、多くの隠された史実があるように私は感じている。南部信直は、三戸南部氏の津軽方面軍団長とも言える石川(南部)高信の子としてこの地に生まれたとされるが、その後、南部宗家の三戸に男子がいなかったことから、三戸南部の嫡女と婚姻の上南部宗家の養子となった。

ここに南部氏の不幸があった。その後、三戸南部当主晴政に男子が生まれ、晴政には殺されそうになり、さらに正妻も没し、悲憤の内にこの館にもどった。その後晴政の死後に、激烈な家督相続を巡る争いが起こり、それが後の九戸政実の乱となり、一族の多くを失うことになる。

小説の中では、盛岡に高石垣を組んだ南部利直の時代には、実はその土台は非常に脆弱なものになっていたのではと考えたが、その根本になったのがこの館跡ということになる。

この地の方々に、この場所を尋ねたのだが、知っている人はおらず、かろうじて検討をつけた中学校校地のところに表示板を見つけた。校地の北側、東側の斜面と、中学校の通学路になっている切堀にその名残が見られるが、この地で南部信直が悲憤の中で激情をたぎらせたことを、どれだけの方が知っているのだろうか。

この若き南部信直の居館での出来事は、南部の「伝えてはならない」ものなのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です