宮城県村田町村田字町

 

「やましょう」は大沼家の屋号で、江戸後期から昭和の初期にかけて、紅花の取引をはじめ、生糸、綿糸、農産物、味噌醤油醸造販売業などを商いとした町有数の豪商。

蔵の町村田の町並みの中でも一際目に付き、通りに面した店蔵の南側に表門(薬医門)を設け、そこから奥に向かって母屋、いくつもの蔵や離れ座敷などが配されている。離れ座敷は、名曲「影を慕いて」の作曲家の古賀政男も宿泊したことがある。

平成10年(1998)に七代目大沼正七氏から村田町に寄贈され、現在記念館として整備中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です