宮城県仙台市泉区古内字糾

 

賀茂神社は、下賀茂神社と上賀茂神社の二社からなり、七北田川に沿う段丘状の杉に囲まれた閑静な地に南面して並んで建つ。賀茂神社は、もとは塩竃神社内に糾の宮として、明応6年(1497)留守氏により創建された。

仙台藩四代藩主伊達綱村は、塩釜神社を改築する際に、境内にあった糾の宮(下賀茂神社)を現在地に移したもので、さらに上賀茂神社をこの地に勧請し、元禄9年(1696)に下賀茂神社が、翌元禄10年に上賀茂神社が遷宮された。

二社とも一間社流造、朱塗りで、屋根は茅葺箱棟造です。三方に縁を巡らし、前面には向拝と階段下に浜床が付いています。向拝の蟇股彫刻は下賀茂神社が雌鶏、上賀茂神社が雄鶏となっている。

二つの社殿はどちらも県の文化財に指定されている。また加茂神社のアラカシの古木は仙台市の重要文化財、県の天然記念物に指定されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です