宮城県登米市登米町寺池字道場…養雲寺山門

 

この養雲寺の山門は、登米伊達氏の菩提寺である養雲寺が、伊達氏に従ってこの地に来る前にすでにあったといい、扁額もそのままである。この地には葛西氏の菩提寺の太白山永明寺があり、この山門は永明寺の山門だった。

葛西氏はこの地の寺池城(保呂羽城?)を本居城としていたが、豊臣秀吉の奥州仕置により大名としては滅亡した。その後城は破却されたと思われ、その時期に寺池城から移築されたものと伝えられるが確証はない。

建築工法、形式、用材等から、江戸時代以前のものと推定され、由緒ある門らしく風格があり、旧状もよく保たれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です