宮城県栗原市栗駒岩ケ崎字裏山

震災前取材

 

栗原市の鶴丸城のすぐ西側に位置し、中世には鶴丸城の支城だったと思われ、葛西氏一族の富沢氏の支配した城と考えられる。

文治5年(1189)、奥州合戦の際に、藤原泰衡の家臣若九郎太夫が拠点とし、「吾妻鏡」の「黒沢口」として現れ、源頼朝の軍勢を迎え撃ったというが、詳細は定かではない。

現在は、城域の一角に標柱が立ち、本丸、二の丸、三の丸の遺構が見られるとあるが確認できなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です