岩手県遠野市綾織町新里第三十一地割

震災前取材

  • 五百羅漢像
遠野の綾瀬町の山中のいたるところにある苔むした自然石には、線彫で羅漢像が彫ってある。

江戸時代、高冷地の遠野は、しばしば凶作に見舞われ、宝暦5年(1755)とその翌年、天明2年(1782)などの大飢饉には、多くの犠牲者を出した。

この宝暦の飢饉に心を痛めた大慈寺の義 山和尚が、飢饉の犠牲者の供養のために、明和2年(1765)から数年がかりで、山中の自然石に五百体の羅漢像を刻んだと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です