2013/06/08

 

歴史散策⇒手這坂

昨夜は国道7号線を長躯北上し、能代から国道101号線に入りさらに北上し、「みねはま」という道の駅にお世話になった。この日は、朝一番に「手這坂」に行くことにしていた。手這坂は、北奥羽を旅した江戸時代の紀行家の菅江真澄が「桃源郷」と評した集落だ。

国道101号線から東に4kmほど走ると、大久保岱という比較的大きな農村集落に出た。白神山地の南麓にあたり、美しい山々と朝の光の中で、白神山地からのわずかな傾斜地につくられた棚田が美しい。道端にあった古い解説板によると、「宇治」の姓が多い集落で、昔、京都からこの地に至った方々の子孫が多いとある。

これにも大いに興味をそそられたが、とりあえず置いておき手這坂を目指す。目的地はさらにこの奥である。下調べでは、現在は無人の集落で、「桃源郷」の復活の為に、近くの方々が交代でボランティアで維持しているとあった。恐らくは、この大久保岱の方々が世話をしているのだろう。

林道のような山道に入り、白神山地の山懐に分け入って行く。まさに「山懐」だ。この季節の自然はすばらしい。しかし無責任な旅人はすばらしいで済むが、この地に暮らしを立てる方々は、その自然と格闘しなければならない。特に冬の季節は並み大抵ではないだろう。

少し走るといくらか視界が開け、わずかばかりの山間を開いた田畑がある。藁葺き屋根の古民家が4軒ほどある。季節はずれの桃の花と、満開の藤の花が咲いている。田は田植え前のようで、代掻きが終わり水がはってある。遠くから旅人の目で見ると、日本の原風景ともいえる夢の様な光景だ。

しかし、集落の道を入って行くと、藁葺き屋根にはブルーシートが張られ、家々はかなり傷んでいる。雨、風、雪からこれまでこの集落を守ってきた、そして現在も守ろうとしている苦闘の跡が随所に生々しく見える。古民家の内の一軒は、屋根が破れ、家屋内部も荒れ放題で、崩壊の危機にあるようだ。

大久保岱集落の方に伺った話では、現在、この古民家の内の一軒には若者が一人住み込み、「桃源郷」の復活に苦闘しているらしい。また町もこの地を「桃源郷」として復活し、白神山地へのトレッキング客の宿泊地にできればとも考えているようだ。

昨今の、経済効果だの、リッチな外国人の誘致だの、テーマパークだのの「観光」のあり方には辟易している私にとって、この地の取り組みは大変うれしいことだ。白神山地の美しさを守り、その自然を愛でるために人々が訪れ、その方々の為に桃源郷を復活し、宿と情報を提供する、そこにはリッチな外国人も「経済効果」も必要ないはずだ。

この地の復活に苦労している若者に敬意を表したいと思ったが、時間はあまりに早い。この地の試みが成功することを祈り、朝の光の中の手這坂を後にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です