2013/04/26

 

歴史散策⇒天間館跡

この日の最初の訪問は天間館跡である。私の小説「蟠龍雲に沖いる」では、野辺地城を攻略した津軽勢が、七戸城を攻略するにあたり、廃城となっていた天間館を拠点とする設定とした。小説を書く前に、七戸城とその出城の矢館は取材したが、天間館の踏査はしていなかった。

天間館は、蛎崎蔵人らが、強大な南部勢を破り、下北半島からこの地まで進出し一時拠点とした地だ。またその後の戦国期末期には、九戸の乱で、九戸方として戦い敗れた。恐らくはその時期に廃城となったのだろう、館跡は敗者側の館として守る者もなく、わずかに東側に段築だったのかと思われる地形があるだけで、完全に宅地になっていた。

小さな公園に東屋があり、その脇に車を置いて、館の名残をさがしながら周辺を歩き回った。道路の形状をたどりながら、恐らく主郭ではないかと思われるお宅を訪れ、事情を話し畑地をみせていただいた。西側に大きく切れ込んだ虎口と思われる地形がある。まだ早い時間だったが、おじいちゃんが出てきて説明していただき、写真を撮らせていただいた。

はっきりしたことはわからず、調査もされてもおらず、館跡の標識や説明板の様なものもなかった。しかしディテールはともかく、この地が天間館跡であることは間違いない。はるか下北半島の蛎崎城に兵を挙げた蛎崎蔵人は、下北半島を南下し、当時の南部氏を中心とした北奥羽の秩序に挑戦しこの地に至った。

北側の坪川に出て館跡を眺めれば、坪川が削った崖の上に天間館は幻のように見えるような気がした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です