2012/07/10

 

歴史散策⇒ヒバ埋没林

昨日午前中に仕事を全て終え、盛岡近辺を数箇所まわり、その後、いつものように夜に国道4号線を走り、下北半島に入った。今回の旅の主目的は言わずと知れた下北半島周遊である。前回の津軽半島周遊と同じく、2日かけて下北半島の予定の箇所をすべてまわろうというものだった。

昨夜は、横浜町の道の駅で一休みしたが、うれしくて眠ることができず、そのまま夜中に六ヶ所村の物見崎に走り日の出を拝み、東通村のこの「ヒバ埋没林」に着いた。この時期の日の出は早く、この地に着いたのはまだ5時少し過ぎだった。

この埋没林は、入り口の説明板によると2500~1000年ほど前に、大量の砂が吹き上げられ埋没したものという。車を駐車場に置いて遊歩道を少し歩くと立ち枯れた大樹が現れ始めた。当初は、一面に立ち枯れた悲しい林があるものと思っていたがそうではなかった。小川がつくる窪地に点々と立ち枯れた大樹が立っている。

かつては砂に埋没していたものが、今は子孫の緑の木々の息吹の中に埋もれて立っていた。あるものはモニュメントの様に凛然と立ち、あるものはその体を森の仲間の支えとして立ち、またあるものは新しい命の床となっていた。そしてそれらはどれも誇らしげだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です