宮城県石巻市の桜の名所の旭山には、桃太郎の伝説を伝える桃太郎神社が鎮座している。

桃太郎は、家来の犬、猿、雉とともに、鬼の住む金華山にわたり、散々に鬼を破り、鬼の財宝を持ち帰った。ところが、桃太郎はその勝利に驕り慢心し、犬、猿、雉と、毎日のように酒を飲み遊び楽しんでいた。

金華山の鬼たちは、この桃太郎たちの様子を見て、その油断をついて攻めかかり、酒に酔った桃太郎らは鬼に敗れ去り、せっかく手に入れた金銀財宝を奪われてしまったと云う。

この地は古代の桃生(ものお)城の近くで、旭山山頂の計仙麻神社には、坂上田村麻呂の蝦夷征討の伝説が伝えられ、この地は古くは蝦夷の支配下にあった。恐らくは金華山信仰が盛んだった江戸時代の、この地の蝦夷の記憶と重ねあった伝説なのだろう。最後は桃太郎が敗れるところには、この地の蝦夷への思いが見られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です