岩手県花巻市栃内

2017/05/14取材

 

是信房(ぜしんぼう)は、鎌倉時代の13世紀初め、岩手県に初めて浄土真宗の教えを広めた。是信房は、三位源頼政の曾孫宗房という説と俗名吉田大 納言藤原信明(しげあき)とする二つの説 があるが、この地では藤原信明と伝えられている。

是信房は、無実の罪にとわれて越前に配流されたが、赦免された後、思うところあり京には帰らず、常陸小島に親鸞聖人を尋ね、その教えを受けて弟子となり、後年「親鸞二十四輩」の一人に叙せられた。

親鸞に従い常陸の稲田郷に滞在したが、親鸞から東北地方の布教を命ぜられ、建保3年(1215)、従者の千原町左衛門と橋本左内とともに、宗門教化のため、相次ぐ戦乱で荒廃した奥州に下向した。

是信房一行は、出羽の国秋田から陸中に入り、横川目の笠松を経て、上後藤の一柏についた。柏の木の下に野宿した三人は、これから先どこに行って布教に努めようかと相談していると、杖をたよりにやってきた盲人が「私が案内してあげましょう」と北へ進み「さあ、此処が定めの場所だから、この地に永く滞在するがよい」と言って、地面に杖を差し込んで抜くと、きれいな清水が湧き出し「盲清水」になったと伝えられる。

その後の布教については明らかでないが、この地域一帯で50年間にわたり布教に努め、笹間、和賀地区には、是信房事績にまつわる伝承地が多く点在し、功徳の大きさを物語る。

文永3年(1266)、86歳で入寂、紫波町彦部には、その墳墓と伝えられるものが現存している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です