戻る

青森県藤崎町字藤崎

 

この保食神社の境内には馬頭観音が祀られているが、これは源義経の愛馬がこの地で病死し、それを弔ったものと伝えられている。また、北条時頼の家臣の乗馬だったとも伝えられる。

津軽の地は、津軽半島から源義経が蝦夷地に渡ったとか、また、この地に逃れた唐糸御前のもとを北条時頼が訪れたとかの伝説が古くから伝えられ、この地の伝説もそれらに付随するものであるようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です