青森県五所川原市磯松

2012/05/14取材

 

建仁2年(1214)、安東貞季はこの地に館を構え、その守護神として、紀州那智の熊野権現を分霊し祀ったとされる。

この地は、平泉藤原氏の一族の十三氏が平泉滅亡後も治め、安東氏との関係も当初は良好だったようだ。しかし、寛喜元年(1229)、貞季は十三秀直を萩野台合戦で破り、福島城を整備し拠点とした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です