青森県三戸郡五戸町倉石又重

2014/08/24取材

 

五戸川の右岸、比高25~30mの河岸段丘先端に築かれた平山城である。城域は東西約700m、南北約200mほど。

郭は東から中館、噴館、飼館、下モ館、主郭、古館等8郭で構成され、噴館の北側中腹には家臣屋敷が配されていたようだ。

五戸地方は、鎌倉期には木村氏が開発領主としてあったようだ。戦国期には、木村氏は南部氏に従属し、木村氏の一族の木村秀直が又重に入り又重氏を称した。この頃 又重城は築かれたと思われる。

天正19年(1591)に勃発した「九戸の乱」では、木村氏は九戸方の誘いを断り、このため九戸勢の攻撃を受けたが、木村秀清の奮戦で、九戸勢を撃退した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です