青森県平内町東田沢字横峰

2014/08/23取材

 

夏泊半島は、青森県中央部の半島で、陸奥湾に突き出た形になっている。津軽半島と下北半島に挟まれた陸奥湾の中で、この半島から東を野辺地湾、西を青森湾と分けている。

半島部は奥羽山脈の北端部である夏泊山地が海岸部まで迫っており、沿岸は風光明媚な海岸線が続いている。

この夏泊岬のさらに先端部の大島は、奥羽山脈が海に落ち込む終焉の地と言える。

青森市から近いため、釣り場や海水浴、キャンプ場など日帰りの観光地として人気が高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です