青森県三戸町字六日町付近

昔、この熊原川には河童が棲んでいて、時折悪さをして、里人達をこまらせていた。あるとき、この河童は、馬の手綱を体に巻きつけて引っ張り、馬を川に引き込もうとした。ところがびっくりした馬は、逆に河童を引きずったまま厩に逃げ込んでしまった。

騒ぎを聞きつけた家の者達が騒ぎ出したため、河童は逃げることもできず、厩の中のトナ舟(肥料桶)をかぶって隠れていたが、とうとう家人に見つかってしまった。

家人は、河童をつかまえ、魔よけの紫の麻布を持ち出し、逃れようとする河童をたたいた。河童はおとなしくなり詫びたので、この川にもう棲まないことを約束させて逃がしてやったと云う。それ以来、熊原川に河童は出なくなったいう。

この、河童が馬を川に引きこもうとしたという話とほぼ同等の話は、各地に伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です