戻る

青森県六戸町字犬落瀬

 

坂上田村麻呂が蝦夷平定のためこの地に到り、しばらく滞在していた際の延暦23年(804)、一堂を建立し、雌雄の鷹の羽で作られた拝領の矢二本を、イザナギ、イザナミ二神の御霊代として祀り、熊野大明神と称え奉ったと云う。

明治6年(1873)一時廃社となったが、明治13年(1880)復社し、昭和6年(1931)に村社に列せられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です