青森県七戸町字上野森

震災前取材

 

七戸城の北東約400mの丘陵上に位置し、東、西、北の3郭からなり、各郭の間は空堀で区切られている。七戸城の出丸だったと伝えられ、双方からその姿を見ることが出来る至近の距離にある。南面は急崖、西側には沢(現在は道路)を挟んで天王神社の建つ丘がある。

矢館は戦国時代末期に整備されたと思われ、九戸政実の乱の折に、奥州仕置軍の上杉景勝勢に攻められて落城したという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です