青森県三沢市字三沢

2013/04/25取材

 

三沢海軍航空隊は、昭和17年(1942)陸上攻撃機の実戦部隊として開かれ、最前線で爆撃、攻撃、偵察行動に従事した。木更津飛行場で開隊したが、三沢飛行場には進出せず、木更津で訓練に従事した。

訓練のため太平洋戦争開戦には間に合わず、ミッドウェィ作戦以降の、ハワイ方面への先遣部隊として期待されていた。しかしミッドウェー作戦は失敗し、サイパン島進出が下令され全機進出した。

しかし、連合軍のツラギ島の奇襲で、守備隊と横浜海軍航空隊が玉砕したため、急遽三沢空はラバウルに派遣されることになった。

ラバウルでは、ガダルカナル島空襲、ポートモレスビー空襲、敵輸送船団の爆撃、上陸作戦の支援攻撃などと活躍し、昭和17年11月に「第七〇五海軍航空隊」に改称した。

しかし戦況は、物量を誇るアメリカ軍に次第に押され始め、昭和18年1月にはガダルカナル島撤退作戦が開始され、4月には山本五十六連合艦隊司令長官が搭乗していた同部隊機がアメリカ軍に撃墜され長官は戦死した。

昭和18年(1943)8月頃より、マーシャル諸島方面への米軍侵入が頻発するようになったため、第七五五海軍航空隊の援護のために、七〇五空はテニアンへの撤退が命じられ、さらにイギリス東洋艦隊の長距離哨戒のためスマトラ島に移った。

しかし、この時期にはすでに南方に展開する各航空部隊は、補充もままならない中での激戦で、再編を繰り返しながら次第に戦力は低下していった。

昭和19年(1944)6月には艦上攻撃機4、戦闘機3になっており、大規模作戦を遂行することはできず、戦力外となって解散した。残存要員はそのままスマトラの基地要員として終戦まで自活した。

昭和19年(1944)9月、二代三沢海軍航空隊が開隊し、土浦海軍航空隊より予科練14期前期450名が転入した。三沢では予科練後期生の指導も行われることになっていたが、訓練を行う航空機もすでになく敗戦の年の昭和20年には、アメリカ本土へ潜水艦で潜入し攪乱する部隊や、合板で作ったボートでの体当たり部隊などの特攻の訓練が行われたようだ。

結局、初代の三沢航空隊は、一度も三沢飛行場に進出する機会がないままスマトラで解隊し、二代三沢航空隊は訓練する飛行機もないまま解隊、武装解除された。

昭和20年(1945)、米陸軍航空隊の施設部隊が移駐し、米陸軍航空隊のための飛行場として建設工事が行われた。昭和33年(1958)には、自衛隊の北部航空方面隊司令部が発足し、基地の共同使用が開始され、昭和36年(1961)に北部航空警戒管制団が配備され、アメリカ軍から航空警戒管制権を引き継いだ。

現在もアメリカ空軍の戦闘機部隊が駐留しており、主に、ロシアや北朝鮮への備えを行っているため、「北の槍」と呼称することもある。また軍民共用で、三沢空港が隣接し、同じ滑走路を使用している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です