青森県南部町

2014/08/24取材

 

鎌倉幕府の執権北条時頼が、東北巡錫の際に、観音寺に一夜の宿を乞うたが冷たくあしらわれ、その後、住職の桂笠法印は、この地で逆さに生き埋めにされたとされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です